施設紹介FACILITY

ならはスカイアリーナ

ならはスカイアリーナは2019年にオープンした、健康と魅力ある暮らしを支えるスポーツと文化の新交流拠点施設です。
タラフレックス素材使用のアリーナ、温水プール、ランニングコース、屋内遊具施設、会議室を併設しています。

田中職員のおすすめポイント2019年オープンの最新の体育館です。新しくて本当にきれいです。
素材が特殊で柔らかいため、けがをあまり気にせずスポーツができます。プールが併設されている体育館は珍しく、スポーツ後に汗を流せます。
けがで本来のメニューがこなせないメンバーがいても、併設のフィットネスで、別メニューがこなせます。ニーズに合わせた対応ができる、本当に設備が豊富な体育館です。
ならはスカイアリーナ

Jヴィレッジ

1997年に開設したナショナルトレーニングセンターです。
施設面積は東京ドーム約10個分となる49ha、観客席付スタジアムを含め天然芝ピッチ8面、人工芝ピッチ2面、全天候型サッカー練習場、雨天練習場、ホテル(総客室数200)、フィットネスジム、アリーナ、プールなどを備えています。

Jヴィレッジ松本職員のおすすめポイント国内トップレベルの天然芝を備えたアスリートの聖地です。
芝の管理が行き届いていて、公式戦と同じ環境で練習できる、このような場所は多くないです。
ここの天然芝でプレイするサッカーは、特別なんです。この感覚は実際にプレイした人にしかわからないと思います。ぜひ来てみてください。
Jヴィレッジ

楢葉町総合グラウンド

野球場・サブグラウンド・陸上競技場がセットになったグラウンドです。
野球場は2016年にリニューアルオープンし、プロ野球イースタンリーグや福島県高校野球相双地区予選大会の会場となるなど、県内でも屈指の野球場です。

設備
  • 約1500席(バックネット裏席:450席、内外野席:1100席)の観客席
  • ナイターが可能な夜間照明と電光掲示板
  • AI搭載のピッチングマシン
  • 左翼右翼100メートル、バックスクリーン120メートル、防護ネット
総合グラウンド01

サブグラウンドには夜間照明完備の広大なグラウンドが2面あります。
ソフトボール、少年野球、還暦野球の練習によく利用されており、公式試合や練習試合の会場としても活用されています。
野球場のところでも述べたとおり、公式戦の開催要件になっています。普段は夜の8時までナイターで少年野球が利用しています。山の緑に囲まれて、おいしい空気を吸いながら野球ができると好評です。サブグラウンドは2面あるので、2試合が同時並行で行えます。

総合グラウンド02

陸上競技場では約3000人を収容でき、天然の芝生が整備されています。
陸上競技はもちろん、サッカー、ラグビー練習、グラウンドゴルフなどのスポーツで幅広く活用されています。
照明も備えられており、夜でもランニングができます。
400mトラックがあり、フィールド内の芝生ではサッカーもできます。高校の練習試合でよく利用されています。
プロサッカーチームのU15が練習試合で利用していただいたこともあります。
陸上競技場に限らず、総合グラウンド全体について言えることですが、芝は協会職員が手入れしており、きれいと好評です。

坂本事務局長のおすすめポイント球場の広さは、両翼100m、センター120mの大きさを持っています。
公式戦を行うための要件である、サブグラウンドも備えているため、プロ野球のチームが公式戦でも利用する球場です。
また、この地域では他に類を見ないほど大きな電光掲示板を備えていることが特徴です。設備としては、スピードが160km出るAIピッチングマシンがあります。
たくさんの球種が投げられますし、登録したプロ選手の投げ方を再現できる機能がついており、多くのチームにご利用いただきご好評いただいています。
総合グラウンド03